審査において重要性の低い属性とは

ご融資を受けるには、まず申し込みをしなければなりません。
業者は申込書の内容から、属性によるスコアリングを行って与信を点数化しながら審査をしていきます。
ご融資可能な基準を満たしていればご融資を受けられますし、満たしていなければ却下されるでしょう。
スコアリングでチェックされる属性には職業、年収、勤続年数、年齢、住居、電話があります。
このうち、ご契約するために重要なのは職業や勤続年数で、ご融資額に影響を与えるのが年収です。
では、年齢、住居、電話といった項目はどれほど審査に関係があるのでしょうか?

年齢は高すぎず低すぎず

年齢の基本は高すぎず低すぎずです。
18歳に満たなければご契約することはできませんし、高齢であれば仕事から離れている可能性が高いことからご融資を受けられないことが多くなります。
審査で有利になる年齢は30歳前後です。
ただし、既婚者の場合は家庭のために使うお金が増えてしまうことから、30代では評価が下がることもあります。
40代の既婚者であれば、子供が独立していると見られるため問題にはなりません。

住居はあるのが当たり前

住居がなければ審査に通ることはできません。
そういう意味では重要な項目なのですが、住居があることは当たり前ですから特に有利になることはありません。
ただ、持家と賃貸では当然、持家があったほうが与信で少し有利になります。
戻ってくる場所があるというのと、安定していると評価されるのです。
居住年数が長ければ、より信頼度が増します。

固定電話か携帯電話か

携帯電話が普及するまでは、固定電話があるかどうかは審査において重要な項目の一つでした。
しかし、現代は固定電話をご契約していている方のほうが、携帯電話をご契約している方よりも少ないため、あまり重要視されなくなっています。
ただ、携帯電話は解約や番号の変更が簡単なので、連絡先としての信用度が高いといわけではありません。
ゆえに、固定電話がある方であれば、携帯電話と両方登録しておいたほうがお借入においては評価が高くなります。

審査で見られるポイント・・・属性情報

ご融資を受けるにあたってまず気になるのは、審査に通過することができるかどうかということでしょう。
ご融資の判断は主に属性情報と信用情報を調査することで決められています。
属性情報とは申し込み者本人の情報のことです。
申し込み書には年齢や性別、勤務先、年収、居住形態と言った情報を記入しますが、業者はこれらの情報を元にしてご返済能力がどれくらいあるかということを判断します。
毎月決まった給料を得ているか、仕事を何度も変えていないか、といったこと総合的に評価して、一定以上のご返済能力があると認められればご融資を受けることができるのです。

審査で見られるポイント・・・信用情報

一方、信用情報は現在抱えている借金の金額や、ご返済状況についての情報のことです。
過去にお借入をご利用していてもご返済をきちんと行っていれば問題ありませんが、申し込み時点で複数の業者からお借り入れをしていたり、すでにご返済能力いっぱいまでお金を借りていて、ご返済に問題があるような場合にはご融資が行われません。

関連|借入の本審査と仮審査
関連|審査に落ちないためには原因を知ること

そもそも審査はなぜ行われるのか

そもそも消費者金融がなぜ審査を行うのかというと、申し込み者にご返済能力があるかを見極めるためです。
もしもご返済が行われずに貸し倒れが多く発生してしまえば会社は倒産してしまいますから、確実にご返済してくれると思われるお客さまに、できるだけ低い金利でお金を貸すためには欠かせない手続きとなっているのです。

審査が甘い業者には注意を

ご融資を行っている業者にご融資を申し込んだにもかかわらず落ちてしまったことがあるお客さまにとってはありがたいサービスのように感じますが、実際のご利用には注意が必要です。
審査基準を甘くしてしまえばご返済能力が低いお客さまにもお金を貸さなければならなくなります。
そうなると貸し倒れのリスクが高まりますから、リスクを回避するために業者はご利用者に高い金利での貸付を行います。
金利が高ければ当然ながら支払う利息も多くなり、ご返済も大変になりますから、借りることだけを考えるのではなく、ご返済のこともしっかりと考えるならば、審査に通りやすいの業者を基準にするのは控えましょう。

お金を借りるには審査が必要です

よく目にする広告などには、簡単にお金を借りれるなど、専業主婦やフリーター、無職のお客さまでも借りられるような内容のことが書かれてあります。
しかし手軽にお金を借りられるようなことが書かれていても、借りるには審査が必要になります。
審査の基準は金融業者によって、随分と差があるので、一概にご融資可能とか不可能とかと言う判断基準はありませんが、その代わりご返済いただける目処が立たないとお金は貸してもらえません。
それはフリーターでも月々同じ金額くらいの収入があれば審査に通るところもあれば、定職についていなければ通らないところもありますし、また専業主婦でも旦那さんの年収が安定していたり公務員であればすんなりと通るところなどもあります。

関連|お借入審査について

年齢や勤続年数も関係します

判断基準には年齢や勤続年数でも影響されます。
例えば大学を卒業したての新卒だったり、勤続年数が1-2年と浅い人であれば、社会人としての経験も知識も浅く、いくら年収が高くても通らない場合があります。
貸す側としては、貸したお金がきちんと返ってくるかどうかと言うのが心配なのです。
そのため社会人としての経験が浅いお客さまに貸していて、戻ってこない時のリスクを考えて貸してくれないこともあります。

他にお借入がないか

また審査基準には他にご融資を受けている先がないかどうかと言うのもチェックされます。
他にもお金を借りている業者があれば、二重にお金を借りることになるので、当然ご返済も厳しくなるでしょう。
そのようなお客さまに対して簡単にお金を貸してくれるかどうかは、また業者の判断基準ですが、確実にお金を借りたいのであれば、他社からのご融資は綺麗に済ませてから新しく申請をしたほうが通りやすくなります。

過去にトラブルがなかったか

お金を借りるお客さまがどんな人柄なのかと言うのも重要視される項目の一つです。
そのため過去にお金に対してのトラブルなどが無かったかどうかと言うのも調べられます。
過去にお金を借りてご返済が遅れてしまったようなケースがあるお客さまは審査が厳しくなる可能性もあるので注意が必要です。