借入の審査をきちんとクリアして、快適生活を始めよう

友達の結婚式が偶然重なったり、子供の教育費が急に必要になったりすることは誰でもあります。
また親しい人の何年かに一回のおめでたいことのお祝いが続いたりすることは、時々あります。
そんな時に、出費が自分で決めていた予定額を超えてしまいます。
ただ、他人のお祝い、あるいは悲しみのためのお金は、出さないというわけにはいきません。
それで、知人、兄弟、同僚に借金するのも一つの解決策にはなりますが、できたら借金していることをあまり身内にも知られたくないものです。
それで、ご融資を受けるというお客さまがたくさんおられます。

世間の変化

昔は、家を買うとか、車を買うとか意外に借金するということは、あまり格好の良いものではありませんでした。
しかしながら最近は、ちょっと足りない時に、ちょっと借りて、さっと返すということが普通のこととして行われるようになっています。
一方、カードローン会社のお客さまは、申し込みがあると、そのご利用者に、お借入してよいかをいろいろ調べます。

審査の特徴

具体的には、ご利用者の「ご返済能力」のことを調べるのです。
「この人、お金を貸してもちゃんとかえしてくれるかな?」
ということを調べるのですね。
ご返済能力が本当にあるか、人物的に確かな人かということを見るのです。
カードローン会社にはざっくりというと、銀行系と消費者金融系があります。
銀行系の方の審査は厳しく少し時間がかかります。
また最終的に通らないこともたまにあります。
一方、消費者金融系の審査は銀行系ほど厳しくなく、かかる時間も比較的短期間で下されるようです。
金利は、すぐ審査が完了する消費者金融系は結構高くて、その反対になかなか下りない銀行系は、安く設定されています。
わかりやすく言うと、ご融資の対象として適切とみなされやすく、調査も短時間で完了し、お金を貸してもよいGOサインが出やすいのは、数年以上会社員生活を続けている人です。
そしてその時に固定電話を持ち、家庭があって、妻子供がいるというと審査にはいい方向につながります。
面白いものですね。

お借入する時の注意事項

審査もパスして晴れてお金の貸し出しを受けることが可能になった時に場合に気を付けなければならないことがあります。
それは借りすぎないこと、そしてご返済計画をきちんと作ることです。
これをきちんとする癖をつけておかないと、ついつい借りすぎてしまうようになるからです。

関連|その他、お借入審査の際に気を付けておくべきこと一覧

審査が心配だというお客さまは多いものです

カードローンを申し込みたいと思いつつも、実際に自分が審査に通過できるのだろうかと悩んでいるお客さまは多いと言われています。
お金を借りるということについては、当然審査が付いてきますので、それを通過できなければそのサービスをご利用することができないからです。
そんな悩みをお持ちのお客さまにお勧めしたいのが、いろいろな金融機関のサービスについて調べてみるということです。

審査基準は必ずしも同じではない

どんな消費者金融や金融機関がどのような基準でサービスご利用の可否を決めているか?
ということですが、これは一律で決められたルールがあるわけではなく、独自の判断基準を用いているようです。
もちろん、どのサービスがどんな基準なのかについては非公開ですので、どれが申し込みやすいサービスなのかということは、一概には言えないのですが、インターネットの口コミ情報を見てみるとどこであれば通りやすいかについては、ある程度の情報を得ることができそうです。

ひとつだめでも他で通過できることもある

このように、サービスご利用の可否についての判断基準が一定ではないため、一社の審査がだめだったとしても、すぐにあきらめる必要は全くありません。
他を当たってみるということが大切です。
多重債務にあるような場合には、他社でも同じ結果になってしまうこともあるかもしれませんが、申し込みをしてみたら違う結果になったということも少なくありませんから、あきらめる前に申し込んでみるということには意味があるのです。
万が一、OKが出なかったとしても失うものは何もないのですから、申し込みしてみるというのも良いのです。

クレジットカードのキャッシング

忘れがちなのですが、クレジットカードにはキャッシングの機能が付帯していることが少なくありません。
金額も意外と高いものが設定されていることもありますので、どんなサービスがご利用いただけるのか確認してみるのも良いでしょう。

勤続年数

審査でチェックされる項目に勤め先の勤続年数があります。
これは安定した収入があるかどうかを決める重要な属性の一つです。
勤続年数が長ければ、この先もずっと安定した収入があると思われ、業者から高く評価されます。
逆にいくら収入が高くても、毎月安定した給料をもらっていなかったり、転職を何度もしれいるような場合は、安定した収入がないと思われ、評価が低くなってしまいます。
つまり、業者側にとっては、毎月会社から安定した給料をもらっている方のほうが都合がいいのです。

関連|お金を借りる時に信用が第一である事は変わらない

入社したての正社員の評価

正社員として働いていても、勤続年数が1年に満たない場合は収入が安定しているとは言えません。
確実に審査に通るには、1年以上の勤務が必要となりますが、業者によっては半年未満でもご融資をしてくれることもあります。
もちろん、このようなケースでは仮に審査に通ったとしても、お借入限度額は低めに設定されるのが普通です。
ですから、もし限度額を増やしたいのならば、1年以上勤めてから申し込むか、優秀なご利用実績を作って限度額の増額を申請するようにしましょう。

転職した場合はどうなるか

いくら一つの会社で長く勤めていても、一度転職をしてしまうと勤続年数はリセットされてしまいます。
ですから、もし将来的にご融資を受ける可能性が少しでもあるのなら、退職する前に申し込んでしまったほうが懸命です。
クレジットカードと同じで先に作ってしまえば、後からご契約を解除されるようなことは余程のトラブルを起こさない限りありません。

アルバイトやパートでも借りられる

収入の少ないアルバイトやパートのお客さまでも、勤続年数が長ければ安定した収入があるという評価を受け、ご融資を受けることができます。
もちろん、収入が低ければ限度額は低めに設定されてしまいますが、もし兼業主婦の方であれば、配偶者貸付をご利用することも可能です。
夫と総量規制上の限度額を一つにできて便利ですから、必要があれば制度を有効ご利用してみてもいいでしょう。

最短1時間