借入審査について

借入の審査について、事前に知っておくことは非常に重要なことといえるでしょう。急にお金が必要になった場合に、必要書類をすぐに準備することが出来なければ緊急時に素早く融資を受けることが出来ません。今、身内の誰かが無くなった場合、葬儀費用などを捻出することが出来ないなど、所得の低い人であればある程度の心の準備は出来るでしょうから、事前にしっかりと審査ではどんなところが見られてどんな書類が必要なのかをあらかじめ知っておくことで、緊急時の対応もスピーディになります。
ある程度、審査について詳しくなってくると、自分の収入状況や社会的信用を考えた時にこのくらいなら審査が通りそうとか、このくらいの金利で借り入れをすることが出来そうということがわかれば、複数の銀行や消費者金融を回って審査を受けるという無駄な時間を過ごすことが無くて済むのがメリットです。
消費者金融の場合は早くても最短即日融資を受けることが出来ますが、休日や祝日、夜間の場合は少し審査が遅くなってしまうこともありますので、それを複数審査を出すというのは非常に骨が折れますし、今すぐにお金を借りたいという場合には非常に困ったことになります。銀行カードローンの場合は即日融資が可能な場合もありますが、消費者金融よりもスピード感は遅いです。銀行のほうが金利が安いから、そちらを選びたいけど審査が遅いから気後れするということもあると思いますが、出来る限り融資までに無駄な時間を作らないようにするために審査についての勉強が必要不可欠なのです。

▼優先度の高い審査基準

審査で金融機関が重要視するのが、借りる人の収入です。一概には言えませんが、年収200万円以上の方なら大丈夫だと判断される可能性が高いです。また当然ですが過去に融資の履歴だけでなくクレジットカード等の利用で延滞をしたことがないなども信用につながります。パートやアルバイトでも大丈夫なサービスはありますが、やはり公務員や正社員の方が有利なのは間違いありません。
正社員の方がいいということを書きましたが、正社員だったとしても勤め始めの人よりも、パートやアルバイトでも勤続年数が長い人の方が信用を得られやすかったりする場合もあります。やはり最低でも1年ほどは同じところで働いているという実績がある方が信用度が高いといえるでしょう。その他にもクレジットカードを1枚も持っていない人よりも持っている人の方が信用度が高くなるのですが、逆に3枚以上の複数枚もっていると信用度が下がるといった場合もあります。
一般的に賃貸住宅で暮らしているよりも持ち家の人の方が金融機関からは信用されます。それはいざという時に処分できる財産があるからです。それと同じような理由で独身者よりは既婚者や家族と同居している人の方が審査には通りやすいとされています。
いろいろな審査基準があると書いてきましたが、必ずしも全部の項目をクリアしなければならないというわけではありません。金融機関によって基準は違いますが、一定以上の信用を得られれば良いわけですから難しく考えないで正直に申請しましょう。

▼金融機関の借入は一定の審査基準を満たしておく必要がある

消費者金融や信販会社のキャッシングを利用して、お金を借りたい人が増えていますが、審査に受かるか不安だと感じている人も少なくありません。金融機関はきちんとお金を返済できる人以外には、基本的には融資をしないので、一定の審査基準を満たしておく必要があります。消費者金融や信販会社を利用する時は、住所、氏名、年齢、生年月日、職業、年収などの基本情報を記録する必要があります。賃貸のアパートやマンションで生活している人に比べると、持ち家があり、固定電話を持たれている人のほうが、連絡がしやすいので有利です。
消費者金融では、50万円以下の融資の場合は収入証明書の提出は必要ない場合がほとんどです。比較的少額の10万円以下の融資の場合は、年収が150万円前後の人も融資を受けやすくなっています。金融機関は自宅や勤務先に、個人名で電話を掛けて在籍確認を行い、3ヶ月以内に他の債務に遅延などがないか、調査を行っています。
初めてカードローンを利用する場合は、他の債務はないですから、少額の融資の場合は利用がしやすくなっています。会社員や公務員などの安定した職業の人や、主婦の人でもパートや正社員で安定した収入があり、他の債務に遅延がない場合はほとんどの場合は利用できます。
消費者金融や信販会社のキャッシングは、総量規制という法律があるため、年収の3分の1を超える金額は、利用ができなくなっています。若い年代の人は収入が少ないため、審査に受かるか自信がない人が多いですが、年収が200万円前後の場合は、ほとんどの場合は融資が受けられます。
金貸し(TOPに戻る)

審査において重要性の低い属性とは

ご融資を受けるには、まず申し込みをしなければなりません。
業者は申込書の内容から、属性によるスコアリングを行って与信を点数化しながら審査をしていきます。
ご融資可能な基準を満たしていればご融資を受けられますし、満たしていなければ却下されるでしょう。
スコアリングでチェックされる属性には職業、年収、勤続年数、年齢、住居、電話があります。
このうち、ご契約するために重要なのは職業や勤続年数で、ご融資額に影響を与えるのが年収です。
では、年齢、住居、電話といった項目はどれほど審査に関係があるのでしょうか?

続きを読む

借入の本審査と仮審査

テレビを見ていると、即日お借入ができますというCMをよく見かけます。
申込んでからその日のうちに借りるとしたら、その日のうちに申込みと審査が終了していなければなりません。
これは、即日でご利用することもできるという意味でとらえたほうが良いでしょう。
たとえば、上限の300万円を借りたいという場合、即日で借りることはほぼ不可能です。
なぜなら、それだけ慎重に情報が精査されるからです。
それに、借りるほうとしても、それだけ多額のお金をその日のうちに借りられると考えているお客さまは少ないでしょう。

続きを読む

借入の審査をきちんとクリアして、快適生活を始めよう

友達の結婚式が偶然重なったり、子供の教育費が急に必要になったりすることは誰でもあります。
また親しい人の何年かに一回のおめでたいことのお祝いが続いたりすることは、時々あります。
そんな時に、出費が自分で決めていた予定額を超えてしまいます。
ただ、他人のお祝い、あるいは悲しみのためのお金は、出さないというわけにはいきません。
それで、知人、兄弟、同僚に借金するのも一つの解決策にはなりますが、できたら借金していることをあまり身内にも知られたくないものです。
それで、ご融資を受けるというお客さまがたくさんおられます。

続きを読む

借入審査で重要となる項目

お借入審査を通過できるかどうかを最も左右する要素は、安定した職業と収入があるかどうかです。
お金を貸す側の銀行や消費者金融にとって一番困るのはご返済がされないないことですから、収入が多いかどうかということよりも毎月確実に収入があり、ご返済を滞り無く行ってくれることが重要になります。
こういった理由から職種的にはリストラの心配のない公務員や、倒産の心配の少ない大企業のサラリーマンなどは評価が高くなりますが、一方で経営基盤の弱い中小企業に勤務するサラリーマンや浮き沈みの激しい自営業者、離職率の高い水商売やパチンコ店店員などの評価は低くなりがちです。

続きを読む

審査に落ちないためには原因を知ること

お借入に申し込んでお金を借りたいと思っても、残念なことに審査の段階で落とされてしまうこともあります。
なぜ自分が落ちてしまったのか、理由を知りたいと思うのが普通ですが、どの金融機関でにおいても落ちた理由は秘密になっていて教えてもらえることはありません。
どうしても、その理由を知りたい場合は、金融機関が登録している個人信用情報機関へ開示手続きの申請を行うこともできます。
ここで、ある程度の理由は想像できるので、気になるお客さまは試してみてください。

続きを読む

最短1時間