金貸し「アイフル」の金利や審査、返済方法

アイフルは非常に素早く簡単にお金を借りられる金貸しです。土日を含む毎日午後10時までの即日融資に対応しており、スマートフォンを使って申込が可能です。多くの業者が午後5時や7時と早めの時間に申込を締め切ることを考えると、利便性は高いと言えるでしょう。50万円以下の申込、かつ他社を含めた借入総額が100万円以下であれば収入証明書は不要です。あまり手間をかけずにさくっと申込できる点がアイフルの強さです。

申込の条件も非常にゆるく、満20歳以上70歳未満で、定期的な収入があることというだけです。この定期的な収入も毎月5万円で審査には通ると言われています。ただし、専業主婦の人は申込できないので注意しましょう。毎月5万円以上の定期的な収入があれば別で、パートやアルバイトをしていれば問題ありません。

バイトしている学生でも審査に通過可能です。問題になるのは過去の支払延滞で、若い人に多い事例として携帯電話の料金の未払いがあります。通常、携帯電話の利用代金には端末代が上乗せされていて、これは分割払いという扱いであるため、もし携帯料金を延滞していると分割払いの延滞をしていると判断され、ブラック入りしているのと同様に扱われるので注意しましょう。

金貸し「アイフル」の金利について

アイフルで適用される金利は3.0%~18.0%です。アコムは3.0%から18.0%、プロミスは4.5%から17.8%となっていますので、全体的にやや高めの設定と言っていいでしょう。銀行系と比べるとかなりの高金利です。ただし、アイフルには最大30日間の無利息サービス期間が設けられていて、契約日の翌日から30日間は利息がつきません。注意したいのは初回利用日ではなく契約日ということです。契約だけしておいて、後から借りるという方針だと、無利息期間を無駄に使ってしまうことになるので注意しましょう。

金貸し「アイフル」の返済について

アイフル独特の返済方式としてサイクル制と約定日制を選択できるというものがあります。約定日制は他の業者と同じく、毎月決まった日に返済していく方式です。毎月同じ日ですから、30日または31日ごとに返済日がやってきます。サイクル制の場合には35日ごとに返済していく方式です。たった4日や5日ですが、数ヶ月経つと1ヶ月分の日数を稼ぐことができます。約定日制では返済日の10日前から返済が可能ですが、サイクル制では最後に返済した日の翌日から35日後のいつでも返済できて、次の返済日までの間に1回でも返済すると次の35日間は返済しなくても良いという制度です。前の返済日から35日後に返済して、翌日にまた返済すると、その次は69日後が返済日になります。柔軟な返済が可能な方式ですが、いつどの程度を返済したのかしっかり確認しておく必要があります。

最短1時間