各種金貸しサービス

ソフト闇金の口コミを集めてみました

闇金というと執拗な取り立てで精神的に追いつめられるというイメージがあるかもしれません。しかし近年「ソフト闇金」といって、やさしく親切な感じで近づいてくる事例も報告されています。ここではソフト闇金について詳しく見ていきます。

続きを読む

金貸し「エイワ」の金利や審査、返済方法

エイワは神奈川県の横浜市に本店を構える金貸しで、中小規模の会社です。いわゆる街金と呼ばれる業者のひとつです。ネットには闇金ではないかという噂もありますが、れっきとした正規の業者ですので安心して利用できます。大きな業者にはない独特の審査方法で知られています。審査面での特徴は、必ずスタッフと対面で話をするという点です。近年では無人契約機のある業者や、Webで申込から融資まで完結する業者もありますが、必ず対面しないといけないというのは非常に珍しいと言っていいでしょう。ネットでも申込や郵送による受付を主力にすれば店舗も必要ないですし、コストカットもできるはずですが、あえて対面での融資にこだわっている金貸しです。申込のときの個人情報だけでは分からない人柄も審査基準としていることがうかがえます。ネットの口コミ情報ではブラックリスト入りしていても審査に通ったというものがありますが、エイワは正規の金貸しですので貸金業法に従った審査をしています。機械的に判断するのではなく、人間味のある審査をしていると言えるでしょう。実際に、信用情報機関にネガティブな情報があっても、信頼に足る人間であると判断されれば融資が下りるというのは事実であるとネット情報では伝えられています。

続きを読む

金貸し「プロミス」の金利や審査、返済方法

プロミスの審査基準は非常に明快と言われています。金貸しにとっては具体的な審査基準は極秘事項にあたるため公表されることはありませんが、おおよその見当はクチコミ情報を元についています。まず、年収は100万円以上です。公式サイトでは安定した収入が充分にあるとされていますが、多くの人の審査通過の具合から見て100万円が目安でしょう。また、過去3ヶ月の他の金貸しやクレジットカードの返済履歴が綺麗であることも条件です。理想的には過去2年間の間で1回も滞納や返済の遅れがないことです。滞納中の借金があるときには先に解決しておきましょう。また、プロミスは消費者金融ですので総量規制の対象となり、申込者の年収の3分の1以上の貸出はできません。他社のカードローンだけでなくクレジットカードの借入残高、携帯電話の分割代金の残高なども含みます。家や車のローンは基本的に無関係です。この3点をクリアしたうえで、希望限度額を20万円程度と控えめに申し込むと審査に通過しやすいと言われています。Web申込を利用すると審査は最短で30分程度で完了し、融資までは最短1時間程度となっています。即日融資の可能性がかなり高い業者です。

続きを読む

即日融資可能な金貸し

消費者金融と呼ばれる金貸しの多くは即日融資に対応しています。銀行系のカードローンは金利が低い代わりに審査に時間がかかる一方で、金貸しは金利が多少高い代わりに審査は迅速です。ネット申込で30分で審査が完了し、そのまま本申込から即日で融資まで可能というスピードが金貸しのメリットと言えるでしょう。プロミスやアコム、アイフル、モビット、ノーローンなど多くの金貸しで即日融資に対応しています。アローやフタバ、ハローハッピーといった中小の業者でも即日融資に対応しているところは多く、振込融資で店頭に出向かなくても融資される業者も数多く存在します。

続きを読む

金貸し「新生銀行レイク」の金利や審査、返済方法

新生銀行レイクは銀行系のローンですが、元来は消費者金融の金貸しのレイクですので審査があまり厳しくないという特徴があります。銀行系のカードローンは一般的に審査も厳しく時間もかかりますが、新生銀行レイクはそういったデメリットがありません。審査の通過率は一般的な金貸しと同じレベルです。新生銀行レイクの審査では安定した収入があることが重視されていると言われていて、正社員で1年以上の勤続があるときには基本的に安定しているとみなされます。アルバイトやパートでも申込可能ですが、勤続期間が短いと不利でしょう。非正規雇用の人なら1ヶ月以上の勤務、できれば3ヶ月程度は欲しいところです。また、金融事故がないことも重要です。たとえば他業者やカードローンでも、3ヶ月を超えるような長期の返済遅延は問題視されます。クレジットカードやスマートフォンを強制解約されたことがあっても金融事故とみなされる可能性がありますし、賃貸住宅の強制退去なども問題となるでしょう。自己破産や個人再生をした経験は、5年または10年しないとブラックリストから抹消されないので、そもそも申込ができません。

続きを読む

金貸し「セントラル」の金利や審査、返済方法

セントラルは愛媛県に本店を構える金貸しで、中国四国を中心として金融業を営んでいましたが、近年は全国向けの事業を開始して、振込による融資に対応しています。窓口は愛媛県の2店舗だけですが、全国から申込可能です。セブン銀行と提携しており、セブンイレブンのATMを利用できます。セントラルは債務整理の後や複数社からの借入がある状況でも審査に通過できるとして、ネットでは評価されています。通常は債務整理をしたら5年または10年後でないとブラックリストから消去されないので、消費者金融などの金貸しでは借入の申込はできませんが、セントラルではブラックリスト入りしていても通過できたという報告が多数寄せられています。中小の金融業者は近年では大手の融資を断られた人を中心に独自の審査基準を用いて審査に通すようになっていますが、セントラルはその代表と言っていいでしょう。ただ、20歳以上の定期的な収入のある人で、他社からの借入が年収の3分の1に達していないこと、他の金貸しからの借入で延滞や遅延がないことが条件です。

続きを読む

金貸し「アロー」の金利や審査、返済方法

アローは愛知県名古屋市に本店を構える中堅の金貸しで、闇金や違法業者ではなく、認可を受けた日本貸金業協会に属する消費者金融業者です。アローは知名度という点では大手のプロミスやアコムなどに劣りますが、大手や銀行の審査に落ちるような人をターゲットにしていて、大手の業者とは違った独自の審査基準を設けています。具体的な審査方法については、どの業者でも極秘事項なので詳しいところまでは分かっていませんが、審査の甘い金融業者として密かに知られる存在です。実際に複数社からの借入のある人や、債務整理からあまり期間の経っていない人でも審査に通過したという事例が数多く報告されています。大手の金貸しや銀行では、コンピューターを使って機械的に申込者の属性を数値化して自動的に審査を行う傾向が強いですが、アローでは申込者の事情を考慮した柔軟な対応がされています。過去に延滞した履歴や自己破産歴のあるブラックリスト入りしている人でも、充分な返済力があると判断されると審査に通過できると言われています。審査落ちすると、通常の金貸しではメールなどで「ご期待にそえませんでした」などと返信が来ますが、アローは連絡が来ないことがあります。

続きを読む

金貸し「アコム」の金利や審査、返済方法

アコムは大手の金貸しのなかでも審査の通過率の高い業者です。それぞれの業者でどのような基準で審査しているかは極秘事項なので公開されることはありませんが、プロミスやアイフルに比較すると新規貸付率は高めに出ています。アコムは地方銀行の保証会社としての実績も高く、これまでに豊富に審査ノウハウを育ててきた金貸しと言えるでしょう。アコムでは公式サイトで「3秒審査」というページを設けています。ここで年齢や年収、他社での借入状況を入力すると借入できるかどうかを診断してくれます。単なる診断ですので、本当に借入できるかは実際に審査を受けてみないと分かりませんが、便利なサービスと言えるでしょう。アコムの審査でポイントになるのは、年収と勤務先、また他社からの借入状況の3点と言われています。年収そのものの金額も重要ですが、収入の安定性が重視されていると推測されています。今の年収が低くても勤務先が安定しているところなら、審査に通りやすい傾向があるとされています。

続きを読む

金貸し「アイフル」の金利や審査、返済方法

アイフルは非常に素早く簡単にお金を借りられる金貸しです。土日を含む毎日午後10時までの即日融資に対応しており、スマートフォンを使って申込が可能です。多くの業者が午後5時や7時と早めの時間に申込を締め切ることを考えると、利便性は高いと言えるでしょう。50万円以下の申込であれば収入証明書は不要です。あまり手間をかけずにさくっと申込できる点がアイフルの強さです。申込の条件も非常にゆるく、満20歳以上70歳未満で、定期的な収入があることというだけです。この定期的な収入も毎月5万円で審査には通ると言われています。ただし、専業主婦の人は申込できないので注意しましょう。毎月5万円以上の定期的な収入があれば別で、パートやアルバイトをしていれば問題ありません。バイトしている学生でも審査に通過可能です。問題になるのは過去の支払延滞で、若い人に多い事例として携帯電話の料金の未払いがあります。通常、携帯電話の利用代金には端末代が上乗せされていて、これは分割払いという扱いであるため、もし携帯料金を延滞していると分割払いの延滞をしていると判断され、ブラック入りしているのと同様に扱われるので注意しましょう。

続きを読む

無利子期間がある金貸し

無利子期間とは、文字通りに借入した金額にかかる利子をゼロにする期間です。30日間無利子といった場合には、たとえば30万円を年率18%で借入しても、最初の30日間にかかるはずの利子4438円が全く無料になるということです。無利子期間を10日過ぎて40日間の借入期間になると、最初の30日間は利息を算出する期間に属さないため、1479円の利息がかかります。多くの金貸しが初回利用の人を対象に無利子期間を設定しています。

続きを読む

最短1時間