借入には必ず利息が発生する

キャンペーンなどを除いて、無利息のカードローンは存在しません。
お金を借りるということは、必ず利息を支払うということと認識する必要があるでしょう。
利息に関しては、多くの方が軽視してしまいがちです。
これは、初回ご融資においてはご融資額も少なく、発生する利息も少ないからです。
しかし、限度枠が増額されると、比例して利息も膨れ上がってきます。
お借入額が大きくなるほど利息が増えることを認識してご利用する必要があります。

参考|即日&低金利お借入のカードローン

借りすぎに注意しましょう

カードローンの注意点には、借りすぎの問題があります。
借りる人の経済力・家計により、どの程度から借りすぎになるかは異なりますが、毎月の貯金額で相殺できないご返済額になったら、すでに借りすぎだと言えます。
多くても貯金できる金額の3分の2程度にとどめておく必要があるので、例えば毎月3万円までご返済可能ならば、ご返済額は月2万円が無難なところでしょう。
お金の問題は、計画しているとおりにはいかないので、余裕を持って考えておく必要があります。

お借入先を増やしたくなったら注意

カードローンをご利用していると、ついついお借入先を増やしたくなることがあります。
追加でご融資を受けたいけど、現ご契約先ではこれ以上借りられないとき、別業者に申込もうと考えてしまうのです。
お金を借りるうえでの注意点は、ご利用する業者を増やさないことです。
これはすべてのローンに共通する原則であり、お借入先を増やした時点で必ず多重債務になるのです。
2社目に申込もうと考えてしまったら、節約して借りずにすむように工夫しましょう。

ご返済期間は1年よりも1ヶ月のほうがいい

お金を借りたお客さまは、月々のご返済額を減らしたいと考えるものでしょう。
そこで考えるのは、期間を長くしてしまうことなのです。
1ヶ月よりも1年ご返済にしたほうが、ずっと月のご返済額は軽減できます。
その反面、利息が増えることも忘れてはいけません。
利息というのは、借りた金額だけではなく、ご返済期間に比例して増えるものなのです。
ご返済期間を今よりも短くできないかどうか、常に意識してみることをおすすめします。

カードローンとはどのような商品か

カードローンは原則、無担保・無保証でお金を借りることができる小口ご融資です。
ご利用限度額の範囲で繰り返しお借り入れができ、使途限定がないため、借りたお金はどのような用途に使用しても構いません。
また、金利は日割りで計算されるため、早くご返済するほど利息負担が減らせます。
今ではインターネットから申し込みことができ、ネットを通じて借りることができます。
また、カードがあればコンビニATMから借りることもできるため、お借入いただける場所や時間が広がりました。
ただし、利便性が高いからこその注意点もいくつかあります。

金利に注意したい

カードローンは、比較的簡単に借りられるという点を考慮して金利が高めに設定されています。
金利は利息制限法の範囲内での貸付となっており、元金10万円未満なら年利20%、10万円~100万円未満なら年利18%、100万円以上なら年利15%までが金利上限として定められています。
この範囲内で貸付を受けることになりますが、カードローンの場合は、ほぼ利息制限法の上限での貸付になると思っておいた方がいいでしょう。
ただし、この上限を超える貸付は絶対にありませんので、各社の金利を比較する際の基本知識として知っておくことが必要です。

借り過ぎに注意したい

利便性が高いという点で、お客さまによってはお金を借りることの価値観が薄れて借り過ぎてしまい、多重債務者に陥るケースも少なくはありません。
ここで重要なのは、借りられる金額ではなく返せる金額です。
自分のご返済能力の範囲でいくらなら返していくことができるのかということを前提にご返済計画を立て、正しくご利用していきましょう。

管理をしていくこと

カードローンをご利用したら家計簿などで管理していくことが重要です。
いつ、どこから、いくら借りて返したのか、こういった管理ができていない方も多重債務者に陥りやすくなります。
簡単に借りることができる便利なカードローンだからこそ、目に見える管理をすることで自身でお金を借りている意識を持ち続けることができるのです。

手軽で便利なカードローン

各金融会社のイメージカップ広告の成果なのか、お金を借りることに抵抗を感じない方が増えています。
申込めばものの30分程度で本人確認や在籍確認が済み、ご融資を受けられるかどうかの結果がわかります。
急にお金が必要になった時でも、申込んでから最短でその日のうちにお金を借りることが可能です。
そして、カードが届けば、いつも使っているスーパーやコンビのATMでいつでもお金を引き出すことが可能です。
まるで自分の口座からお金を引き出すのとほとんど変わりがありません。

カードローンは借金

どれほどATMやCDでお金を引き出すのが簡単なことでも、それはあくまで借金であり自分のお金ではありません。
ご利用する時の注意点として、引出すのは手軽でも、それが借金であることを忘れないようにしましょう。
あまりにも気軽であるため、あたかも自分のお金のように錯覚しがちですが、借金なのですからいつかご返済をしなければなりません。
ところが、自分のお金のように勘違いしてしまい、ご返済のことを考えずにご利用してしまう方もいるのです。

ご返済のための借金

ご返済のことを考えずにお借入をしてしまい、ご返済期日になって初めて慌てるという方も少なくありません。
ご返済のことを考えていないのですから、ご返済のためにお金を用意していない場合もあるでしょう。
そのため、今度はご返済のためにお金を借りるということになりかねません。
つまり、新たな借金をしてご返済をするということになります。
こうなると、借金のために借金をするという無限ループに陥ってしまう可能性もあるのです。
それでは、気がつかない間に借金が膨らみ、借金で首が回らなくなってしまう可能性もあります。

ご利用は計画的に

そのようなことにならないために、お借入は計画的にご利用するようにしましょう。
ご利用の仕お客さまに注意してご利用すれば、これほど便利なものはありません。
ご利用する時は、どのようにご返済するかをまず考えるようにしましょう。
そうすれば、後になってご返済に困ることはありません。

最短1時間