借入と仲良く付き合っていく為にも知っておくべき注意点

昔話に出てくる打ち出の小づちは、軽く振る事によって様々な宝物等を出してくれます。
そこから出てきたものは誰かに返す必要はありません。
しかしお借入で得たお金は、それを貸してくれた金融機関にルールに従ってご返済する必要があります。
正しく返していく事によって、困った時の頼れる存在となるので、借りたままにしない事、滞納しない事に気を付けて使いましょう。

滞納すると大変な事になる可能性がある

当初の予定からは大幅に収入が減ってしまった時、もしかしたらその月のご返済が厳しくなってしまうかもしれません。
そういう時はすぐに金融機関に連絡しましょう。
滞納し続けると電話や郵便等でご返済を催促されます。
また遅延損害金が発生するので、結果的には最初の予定以上の金額を金融機関側に払わなければいけません。
出来るだけ損をしない為にも、滞納しない事、もししてしまいそうな時はすぐに金融機関に連絡する事は必須です。

何社からも借りる事はできますが

お借入は1社しかご利用できない、2社までしか無理と言った法律はありません。
ご利用者は審査に通る事さえできれば、何社からでも借りる事はできます。
しかし借りる所が多くなればなるほど自分では管理できなくなるので注意しましょう。
もし何社からも借りていて自分で把握しきれなくなってきた時は、おまとめローンをご利用するのも賢い選択です。
しかしこの時も審査も必要となるし、貸し付け条件もあるので誰でも借金をまとめる事ができるわけではありません。

注意点をよく理解してからのご利用

お借入は担保と保証人を用意しなくてもお金を借りる事ができます。
便利なおで、お金に困ったらご利用しようと思っている人もいるでしょう。
しかし安全にご利用する為には、申し込みをする前によく注意点を理解しておくべきです。
そしてよく考えてからご利用しましょう。
本当に今自分にとって必要なのか、これ以外の方法はないのか等を考え、必要だと判断した時のみご融資を受ける方が無難です。
またここで得たお金は自分の物ではない事を忘れないでおきましょう。
簡単にご利用はできますが、使いすぎてしまうと自分を苦しめる結果となるので、本当に困った時のみご利用する等、自分の中でルールを決めてそのご利用に依存し過ぎてはいけません。

まずご契約する時の注意点とは

いつでもすぐにお借り入れ出来る事から、とても重宝されているカードローンですが、何も考えずにご利用する事とのちに苦労する事になります。
ご契約する時からご利用中でも色々と注意点がありますが、まずご契約時にトラブルや手間をかけないように用意しておくものがあります。
それはまず給料の源泉徴収票です。
ご契約するにあたりまず申し込みをするのですが、その際に審査を行う為に前年の税込年収額を審査の基準にしているので、事前審査ではおおよその年収でいいのですが、本審査では正確な年収を知らせる必要があります。
源泉徴収票があれば、実際の年収を証明する事になるので審査がスムーズに出来るのです。
もう一つは免許証や保険証などの本人を証明出来る物も必要なので、しっかりと確認して本ご契約をスムーズに終わらせましょう。

関連|お借入審査に関する重要事項はこちら

ご契約する会社を選ぶ時の注意とは

次にご契約を申し込む会社を選ぶ時の注意点ですが、しっかりと調べておかないとご返済の時に苦労する事になるので、ネットなどの比較サイトや企業サイトをよく見比べておく必要があります。
特によく確認しておく必要があるのは、金利です。
一般的に銀行系の金利が一番低く、消費者金融系の金利は高いと言うイメージがありますが、審査の通りやすさは消費者金融系が一番甘いとも言われているのでどちらがお得でスムーズにご契約出来るかよく考えましょう。

金利以外にも確認しておく事とは

ご契約する時の一番の注意点は金利ですが、金利以外にも確認しておく事があります。
まずご融資枠の額です。
最高いくらまで貸し付け出来るのが確認しておかないと、いざと言う時に借りる事が出来ない状態になっている事があるので確認は必要になります。
しかしご利用実績がしっかりとあればのちに増枠されることもあるので、そう言った事も確認しておいた方が良いでしょう。
他にも結構重要なのが、毎月の最低ご返済金額です。
これは企業ごとに結構差があるので、最低ご返済額が自分のご返済能力を上回る企業とご契約すると後々苦労する事になります。

ご返済する時の注意点とは

無事にご契約出来てご融資に成功したあとも、ご返済に関してですがご返済に関しても色々と注意点があります。
最低ご返済金額が重要な事は先に紹介しましたが、次に重要な事はご返済日の設定です。
ご返済日の設定は企業によっては希望の日にちに設定出来るので、なるべく給料日の直後に設定した方がご返済も楽になります。
以上の事を注意すれば、カードローンは本当に便利なアイテムです。

いざというときに便利だけど

いざというときにカードローンは大変便利でありがたいものです。
ATMを使えば、まるで銀行口座からお金を引き出すような感覚で、お金を借りることができます。
しかし借りたお金は利息をつけてご返済しなければなりませんから、無計画にご利用をして良いというものでもありません。
注意点をしっかり把握した上で、ご利用することが大切です。

無理のないご利用が大切

ご融資を受ける際、最も注意しなければならないのはご返済いただける見込みがあるときにのみご利用することです。
「ご利用は計画的に」と宣伝していますが、本当にその通りで、ご返済いただける当てがないのにお金を借りることはもちろんのこと、ご返済にかなり無理が生じることがわかっているような場合も、よく考えてみる必要があります。
ただ、総量規制という法律によって、消費者金融や信販系のキャッシングは、年収の3分の1までと決まっています。
そのためにこれ以上は借りたくても借りることができません。
この総量規制の適用は、金融機関一社あたりの上限ではなく、複数の金融会社からお金を借りている場合は、その合計金額が年収の3分の1までになります。
上限が定められていることで不便さを感じている人もいるかもしれませんが、この総量規制が、ご返済不能に陥ることを防いでいるわけです。

闇金に注意

また、悪質な金融業者からお金を借りることがないように注意することも大切です。
高額な利息を要求してくる、いわゆる闇金が存在しています。
一時に比べると数は大幅に減少しましたが、それでもいまだに法の目をかいくぐって悪質な取り引きをしている闇金が存在しているのです。
闇金が心配なお客さまは、怪しげな消費者金融を避け、銀行系や信販系、大手消費者金融などをご利用すると良いでしょう。

金利のからくり

さらに金利にも注意しましょう。
金利はご融資金額によって変わります。
最低金利を非常に低く設定していても、その最低金利が適用されるのは、500万円~800万円というような高額なご融資の時だけで、100万円以下の場合は、金利がかなり高い場合もあるのです。
そのために自分が一番ご利用する価格帯の金利を比較してみることが大切です。

最短1時間