借入をするにあたっての注意点

お金が常にたくさん持っているというお客さまはなかなかいないものです。
それにもかかわらずまとまったお金が必要になることは多々あります。
例えば友お客さまが結婚式を挙げるときにはご祝儀を持っていくべきです。
それだけでなく、移動費等がかかる場合もあります。
また急に欲しいゲーム機が発売されるとそれだけで数万円かかってしまいます。
もちろん貯金があってもそれを切り崩したくない場合もあります。
そのような時にはお金を借りるのもひとつの方法ですね。

短期間なら金利もさほどかからない

短期間でお金を借りると金利にかかわらず、それほど総支払い金額は変わりません。
ですので短期間の場合にはどこの業者でもいいや、そういう気持ちでご契約をしてしまうお客さまが多いです。
これはひとつの落とし穴になってます。

金利に注意しよう

お金を借りる時に短期間だからといって金利を気にしないのは考えものです。
もちろん今回だけだとしても、お借入の前にはいくつかの注意点に気をつけながらご契約する業者を決定したほうが良いのは言うまでもありません。
まずは金利です。
どこの業者ももちろん違法な金利をとっていることはないでしょう。
しかし、借りる金額や期間によって金利が異なる場合があります。
また審査内容によっても金利が変わってきます。
そのためいくつかの業者をご利用前に比較してみるのが良いでしょう。
そして金利だけでなく手数料とカードローンをご利用いただける場所も確認しましょう。
手数料が無料の業者もあります、さらにキャンペーンなどで金利が優遇される場合もあります。
そのような情報を最大限に駆使するようにすると総支払い金額で差が出てきます。

関連|お借入には必ず利息が発生する

お得にご利用するには

以上のような注意点に気をつけるだけで満足できる事は間違いありません。
一度良い業者をご利用するようにしたら、気軽にお金を借りても問題ないでしょう。
もちろんご返済プランを考慮するというのは当たり前ですが、それさえ怠らなければ欲しいモノがあった時に必要以上に我慢することはなくなり、ストレスの無い楽しい生活を送ることができます。

お借入はルールを守って使えば使える

ご融資を受ける理由にも様々なものがありますが、多くの場合はやはり急にお金が必要になって、というようなことが多いでしょう。
確かにお金を借りることに抵抗があるお客さまは多いものですが、一度なれてしまえばかなり使いやすいものです。
ただ、借りやすいからといって、借りるときのルールとマナーを知らない、というのは、とてもよくないことです。

ご返済の日付と金額を守る

まず、やはり多いのがご返済についての遅れです。
ご融資を受ける時には必ずご返済日とご返済額をチェックしておくといいでしょう。
というのも、お借入の場合は借りる前にご返済についての様々なルールがわかるようになっています。
最近はインターネット上でご返済シミュレーションなども出来ますから、そのようなサービスをご利用して、毎月どのくらいご返済するのかを知ってからご利用すると、こんなはずじゃなかった、というようなことが防げます。

申し込みの時に嘘をつかない

これは申し込みの時にあることなのですが、例えば仕事をしていないのに仕事をしているとか、年収をわざと多く申請する、というような嘘の申し込みをするお客さまがいます。
実は、年収や勤務先については、とても厳しく審査されており、嘘をつくとそれだけでその時点で印象が非常に悪くなるのです。
発覚した時には一括ですぐにご返済するように、と言われることもありますので、本当のことを書いておくといいでしょう。

分からないことがあったら問い合わせてみよう

注意点としては、分からないことがあったら聞いてみるということもひとつの方法です。
最近はメールサポートに対応している会社も多いですし、ご利用に関してはあらかじめいろいろな方法で問い合わせることが出来ます。
このため、分からないことがあったらしっかりと問い合わせておき、ご利用前やご利用途中でのトラブルをなるだけ避けるようにしましょう。
また、もし何らかの事情でご返済が難しくなったら、そのことが発覚した時点であらかじめ相談しておきましょう。
何もしないで踏み倒すのよりは、そちらのほうが対処がしやすくなります。

連絡先は携帯電話にする

カードローンはとても便利にご利用いただけるサービスですが、一人暮らしでない限りは家族にご利用がバレやすいのが心配な点です。
まず審査の段階で連絡先を自宅にしてしまうと、本人確認の電話が自宅に掛かってくることになります。
仕事など外出して自宅にいない場合、仮にセールスなどを装ってもらっても、後々明細などが自宅に届いたときには怪しまれることもよくあります。
このような場合は連絡先を携帯電話にしておくことでクリアできるでしょう。

審査後の郵便物に注意

次にバレやすいのが、ネットや電話などで申し込んで、審査に通った後に送られてくるカードとご契約書の入った郵便物です。
これは必ず受け取らねばならないものなので、避けることはできません。
この場合は審査まではネットなどで完結し、カートやご契約に関しては自動ご契約機や店頭で行うようにすれば家族に知られずに済みます。
審査に通ったからと言って油断しないようにしましょう。

関連|借入審査で重要となる項目
関連|借入の審査をきちんとクリアして、快適生活を始めよう

ご利用明細も危ない

これも郵便物になりますが、ご利用明細も家族にバレる原因となります。
こちらは金融機関によっては自動ご契約機で受け取ったり、ネット上やEメールで確認できるようにしてもらうことも可能です。
また、ご融資を銀行口座への振込みにした場合、通帳への記載で家族に知られる可能性もあります。
こちらも会社名を変更してもらうなどの対応が可能となっていることが多いです。

ご返済をきちんとしていれば大丈夫

最後に家族に知られる可能性があるのはご返済が滞ったときくらいでしょう。
連絡先を携帯電話にしておけば、多少ご返済が遅れたくらいでは自宅へ連絡が入ることはありません。
また、担当者が直接自宅へ訪問したり、催促の郵便物が届くことは稀です。
連絡が付かなかったり、ご返済を全くしないときなど、金融機関とトラブルを起こしたときくらいなものでしょう。
仮にご返済が間に合わなくても、前もって連絡しておけば大丈夫ですし、相談にも乗ってくれると思います。
もちろん、普通に毎月のご返済をしていれば、これらの注意点は全く気にする必要はありませんから安心してください。