中小企業の金貸しより大手の方が安心

生活費や急激な出費に対応するために、消費者金融などの金貸しを利用する必要が生じることがあります。大きな出費があって、銀行の預金高が少ないときに、緊急の資金繰りが必要になることは多いものです。金貸しにも大手と中小があり、大手はプロミスやアコム、モビットといった業者です。中小の貸金業者はいわゆる「街金」と呼ばれる業者で、主に地域の顧客を中心に営業しています。大手の良い点は、資本が安定している点です。中小は経営が不安定であることも多く、もしなにかあって倒産してしまったとき、債権の回収が早まるケースもあります。

利便性が高い

大手の金貸しの良い点は、利便性が高いことです。たとえばプロミスは全国にATMがありますし、アコムは各地に無人の契約機があります。こういったところは出先でお金を借りて、地元に戻ってきてから返済することも、逆に出先から返済日に入金することも可能です。近年では中小企業もコンビニのATMなどが利用できるようになっていますが、まだ利便性では大手のほうが有利でしょう。また、インターネットで申込や融資が受けられたり、公式サイト内にマイページを設けてそこで利用実績を確認することも、スマートフォンのアプリで簡単にできるのも大手のメリットです。中小の業者では店頭しか窓口がないところも多くあります。

中小のメリットとデメリット

中小のメリットは審査が大手に比較して若干甘いという点です。金貸しの業界は寡占化が進んでいて、アコムやプロミスなどの大手が顧客を独占しつつある状況です。そのため、中小の業者では大手の審査には通過できないユーザーに対して独自に審査してお金を貸せるようにしているところが多くあります。この点では、中小は強いと言えるでしょう。そうした何らかの事情のある人は中小のお世話になったほうが良いケースがあります。ここで注意したいのは、中小で借入したという実績が、自分の利用履歴として残る点です。個人のお金の借入や返済状況、またクレジットカードの利用履歴はすべて個人信用情報機関に登録されます。もし、後になって住宅ローンなどの大型のローンを銀行などで組むときに、中小の金貸しから借入したという事実が発覚すると、多少の不利をこうむることがあると言われています。つまり、中小の金貸しを利用するほどお金に困っている人という扱いになってしまうのです。中小の業者を利用するには、過去に金融事故を起こしたことがあり、ブラックリストに入ったことがあるなどといった事情でもない限り、あまり利用価値はないと言えます。逆にそうした事情を抱えている人にとっては強い味方になってくれる可能性があるでしょう。